歯科 台東区 上野 御徒町 歯医者

上野,御徒町の歯科,歯医者なら上野ミント歯科

インフォメーション

2018-10-25 18:39:00

骨吸収抑制薬はがんの骨転移、骨粗鬆症や関節リウマチなどで使われる薬です。

破骨細胞という骨を吸収する細胞の働きを抑制するため、治療に使用することがあります。

歯科治療において必要なのは骨吸収抑制薬を始める前に適切な歯科治療を受けておくことです。

できれば2週間前には終わらせておくことが好ましいですが、がん患者さんで薬の投与を遅らせることが難しい場合は歯科治療を並行することもあります。

侵襲的な治療(たとえば抜歯など)は骨が治ることができずに骨壊死を起こすことがあります。

もう服用中の場合はどの程度まで歯科治療をしていくかを決めていく必要があります。


頻度としては骨粗鬆症患者さんで骨吸収抑制薬治療患者1~10万人に1人ほどと報告されています。

歯科治療を受ける場合は主治医と相談をしていただき、場合によっては歯科←→医科の連携が必要な場合もあります。



2018-10-17 14:31:00

虫歯にならないために歯ブラシは重要なことですね。

でも歯ブラシの仕方を教えてもらったりしたことはありますか?

小さい頃は親に磨いてもらったりしたかもしれませんが、大人になって「磨きかたを教えてください」って他人に聞くのもちょっと恥ずかしかったりしますよね。

歯医者さんに行けば、その人その人に合わせた歯ブラシの仕方を教えてもらえることと思います。

本当に今使っている歯ブラシがあなたに合っているのでしょうか?

必ずしも値段が高い歯ブラシがいい・電動歯ブラシがいい、とはいえないと思います。
(好みはあると思います)

重要なのは磨き方(ブラシの当て方)になります。

お口の中でも一番磨いておきたいポイントは決まっているのでしっかりケアをしましょう。

また、定期的に検査や歯石を取ることで歯周病や虫歯を予防することができます。

zu_plaque.gif


2018-10-04 16:00:00

口臭の原因は歯周病などを引き起こす歯周病菌がお口の中で増殖して悪臭を出す症状です。

口の中がネバネバしたり、わずらわしかったりする場合も口腔内の環境が悪い可能性があります。

口臭はもちろん歯周病の罹患は様々な悪影響を及ぼします。

今話題になってる乳酸菌は善玉菌といって悪玉菌を抑えることにより体内の環境を良くしようとするものです。

もちろん口の中にも善玉菌は存在します。

ただ、非常に弱いものなのでほとんどが残りません。

「プロバイオティクス」という言葉をご存知でしょうか?

生物間の共生関係を意味する生態学的用語が起源です。

抗生剤は有害な菌と同時に有益な菌も殺してしまいますが、プロバイオティクスは元々体内にある有益な菌を積極的に増やして体の健康を守ろうとするものです。

有害な菌は除去できても有益な菌までも除去してしまうので、体の抵抗力が落ちてしまうのはやはり、抗菌剤全般の課題でもあります。

もちろん、口臭→乳酸菌摂取だけで治るわけではありません。

「口臭に乳酸菌」とはなかなか結びつきにくいものでしたが、当院では積極的に取り入れて口臭治療や歯周病治療にも使われます。

sme6.jpg


2018-10-01 14:59:00

矯正治療はさまざまな方法があります。

その中でマウスピース矯正はマウスピースを使うことで歯が動くという矯正治療です。

中学生から大人まで幅広い対象となるのでいつからでも始めることができます。

マウスピースを交換していくことで歯並びが変わるので清潔でもあります。

ガタガタした歯並びだと食べ物が挟まったりして汚れがたまり虫歯や歯周病のリスクが上がります。

フロスをしていてもどうしても歯石が溜まりやすくなってしまうので気になる場合は歯並び自体を良くするのを考えてもいいかもしれません。

また咬み合わせや顎への負担を考えると、咬んでいる歯と咬んでいない歯ではやはり予後が違います。

きちんとしたバランスのよい咬み合わせを作ることは、顎はもちろん全身のバランスを整えることにもつながります。

マウスピース矯正にかぎらず検査が大切になりますので、興味がある方は検査を受けましょう。

1.jpg

2018-09-27 17:40:00

10月の更新しました。ご協力をお願いいたします。

10月休診.jpg

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...