歯科 台東区 上野 御徒町 歯医者

上野,御徒町の歯科,歯医者なら上野ミント歯科

▼インプラント治療

 インプラント治療

インプラントは虫歯や歯周病で歯を抜いたところにかわって咬み合わせや見た目を回復する治療法です。

歯を失ってしまうと歯並びが変わることはもちろん、咬み合わせや顔の形が崩れてしまい見た目・生活にも支障をきたします。

永久歯になると一度歯を抜いてしまうと新しい歯が生えることはありませんのでインプラントやブリッジなどで補う必要があります。

インプラント治療は50年ほど前から行われている治療法で、日々進展している治療の一つです。

昔は歯が抜いてしまったら入れ歯を入れるというのが当たり前だったのですが、治療法や材料の進歩によって安心・安全なインプラント治療ができてくるようになりました。

歯がないことで諦めていたことができるようになったので、健康状態の回復にもつながります。


インプラントと入れ歯の比較(メリット)

①食事がおいしい  咬み心地が違う

入れ歯においてその機能は本来の歯の60%ほどといわれますが、インプラントは今までの歯と同じ状態で噛むことができるため色々な食事を楽しむことができます。


②体に優しい  物を粉砕することで胃腸が荒れない

しっかりと噛むことができるのでものをしっかり小さくすることができるため、胃腸などにおける体への負担が少なくなります。

③もうなくさない  取り外しがないため生活環境が変わる

入れ歯では取り外しが必要な為、旅行先などで紛失したりする可能性があります。
インプラントは歯と同じように歯ブラシでケアをするので、そのような心配はなくなります。 

 
④話し方が変わる  発音がよくなる

入れ歯でガタついていたり、動いてしまうのでサ行などが言いにくいのが特徴です。
インプラントは固定するので動く心配がないので話し方が変わり、よくおしゃべりができるようになります。


|インプラントの構造

インプラントは骨の中に埋める部分と被せ物にあたる部分とに分かれています。

人工的な根なのでさし歯と同じような構造になります。


 

 

 インプラント治療は、歯槽骨に穴を開けてフィクスチャーを植立し、フィクスチャーの上にアバットメントを取り付け、そこに人工の歯冠部を装着します。

ブローネンマルク教授が確立した方法は、フィクスチャーを埋め込む手術とアバットメントを取り付けて上部構造を装着する手術を2回行なうものです。現在ではフィクスチャーとアバットメントが一体化された製品を使い、1回の手術で植立する1回法も行なわれています。

 

 

 手術の流れは次の通りです(2回法の場合)。

 

・1回目の手術

 

歯肉を切開し、歯槽骨にドリルで穴を開けます。フィクスチャーを埋め込み、歯肉を縫い合わせます。

 

・2回目の手術

 

3~6か月ほど歯槽骨とフィクスチャーが結合するのを待ち、レントゲンで確認してから2回目の手術を行います。

 

 歯肉を切開し、アバットメントを取り付けます。人工の歯冠部を装着するために、アバットメントの型を取ります。

 

・歯冠部の取り付け

 

 歯冠部ができたら、アバットメントに装着し、噛みあわせなどを調整します。

 

Top pageへ