歯科 台東区 上野 御徒町 歯医者

上野,御徒町の歯科,歯医者なら上野ミント歯科

▼小児歯科(子どもの治療)

| 小児歯科上野ミント歯科
 
・小児歯科における考え方
子どもたちにとって病院は行きたくないところのひとつです。
ましてや、過去に歯科治療経験があるお子さまは、

「歯医者さん」が嫌いな所になっていることがあります。


上野ミント歯科では、できるかぎり、

子どもたちの精神的、身体的に無理のない治療を心がけています。
いきなり「治療をしてくれ」というご要望に応えられない場合もあります。


初めて歯医者さんに来ると、子どもたちが見たことのない色々な機械があり、不思議な音が出ます。
未知の物は不安を覚えさせるものです。

そこで、初診時には子どもに色々な道具を自分で触ってもらいます。

自分の手で触れて一つずつ不安を取り除いていきます。
怖がりな子、大胆な子・・・性格はそれぞれですから、
慣れていくのにかかる時間は違います。

お子さまにとって、初めての場所や人で慣れないのに、いきなりむし歯の治療や歯石とりはできません。
練習を繰り返したり、キッズスペースで遊んでもらうことで徐々にできるようになります。

お子さまの治療のときは、保護者の方も大変だと思います。

こどもたちの健康のために一緒にがんばりましょう。

すでに痛いところがあるお子さまには治療を急がなくてはいけないことがあります。
慣れていく時間があまり取れないお子さまも保護者の方も少しがんばりが必要になります。
むし歯が大きく今後影響を与えると思われる場合、またはむし歯がたくさんあって連れていく時間が何回もとれないという方もたくさんいらっしゃいます。


その場合は提携している大学病院の小児歯科をご紹介することもあります。
大学病院と聞くと、少し拒否反応が出る保護者の方もいらっしゃいますが、安心してください。
すでに多数のお子さまが大学病院での治療を終えて、上野ミント歯科で定期検診を受けています。

行くのを嫌がる子に「何もしないから。」と嘘をついて
連れて来てくださる保護者の方がいらっしゃいますが、
子どもたちは歯医者さんに騙された気持ちになってなかなか信頼関係が築けません。
私たちは拘束する器具を使用しての治療は行っておりません。


「今日は、むし歯さんを眠らせてやっつけようね。頑張ろうね。」

という様にお話してあげてください。
お子さまが治療中泣いてしまっても怒らないで、励ましてあげてください。


終わったら「よく頑張ったね。」と褒めてあげてください。

自信がつくと、子どもたちはびっくりするほど成長します。
子どもは汗っかきですので、治療の際には着替えをお持ちいただけると便利です。




子どものむし歯ケアについてはフッ素が有効的です!

生えたての歯はむし歯になりやすいです。そのためにも日ごろのケアはもちろん歯科医院によるプロのケアが必要になります。
むし歯のない赤ちゃんから小学生、中学生と通院は可能です。
上野ミント歯科では磨いたあとにフッ素塗布を行っています。
また、保護者の方には仕上げ磨きを必ず推奨しております。
せっかく治療して治した歯を再び悪化させないように一緒にがんばりましょう。


子どもの歯並びについて
お子さまの歯並びは親にとっては当然気になるところ。

上野ミント歯科では日々の成長に合わせて長期的にケアをしていくことを心がけています。


子どもの歯科矯正を考える時期

「子どもの矯正はいつから始めればいいですか?」これは多い質問の1つです。

歯科矯正は日本でもかなり一般的になってきましたが、まだまだ海外と比べると遅れているのが現状でもあります。

海外ドラマやアニメにも子供は必ずひとりは歯科矯正をしています。

ではいつから子どもの矯正を始めるのがいいのでしょうか。

ずばり子どもの矯正は、永久歯が生えそろう前から始めるのが好ましいです。

人によっては個人差があり、2段階矯正が必要な人もいます。

2段階矯正というのは、小さいときに矯正を始めて1回中止をしますが、永久歯がそろってからもう一度矯正をすることです。

そこまでしないときれいな歯並びになるのが難しい場合もあります。



最近では乳歯のうちに矯正治療をするお子さまもいらっしゃいます。

乳歯のうちに行う矯正治療というのは予防矯正というもので、将来歯並びが悪くなる予測をしてそれに対してトレーニングや治療をすることにあります。

お母さんがマウスピース矯正をするので一緒にという理由で、3歳から予防矯正始める場合もあります。



もちろん小学生・中学生になってから矯正治療をする方が多いです。

年齢は関係ありませんが、歯周病やむし歯の状態によって期間などは変動します。

当院では、今までなかったマウスピースを使った矯正治療が多くなっています。

また矯正の先生によっても考え方はさまざまです。

一般的には永久歯が生えてきたら少しずつ経過を見ていくのがいいでしょう。

しかし、子どもがいきなり歯医者さんで矯正をいきなりできるわけがないので、小さいころから慣れさせておくというのは非常に重要です。

お子様の協力度によって矯正の期間が変わるのはいうまでもありません。

また、逆に矯正に遅いということもありませんので、気軽に歯医者さんにご相談するのがよいでしょう。

お子さまの将来の笑顔のために今できることをしましょう。

menu008.jpg